スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24歳

血の色も虚ろなまま
天井だけが回っている

ほんの少し 泣き言を
聞いてほしかっただけ

繭の中は空っぽだった
24歳の春も終わる
テーマ: 自作詩 | ジャンル: 小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。